一目惚れした人がやってしまいがちなこと

トップページ > 一目惚れをしたアナタに、最強のアプローチを伝授! > 一目惚れした人がやってしまいがちなこと

一目惚れの気持ちに素直になるためには周囲の働きかけは欠かせない

男女どちらもの場合であっても、「一目惚れ」は人生に何度かは起きる淡い思い出でしょう。そして、次のような素振りがあれば、「あ、この人は一目惚れをあの人にしているんだな」と気がつきやすいです。

・一目惚れした相手に対して瞳孔が開いている(特に男性に多い)
・冷静を保ちつつも思わず相手の動きを目線で追いかけやすい
・次のアプローチをしたいがために会話に落ち着きがない
・褒めると舞い上がりやすい

一般的に一目惚れは、本能的な部分もあって男性に起きやすい現象といわれています。確かに、駅前とかでナンパがあった際も男性が仕掛けることが多いので納得できることです。

しかし、一目惚れをした人にやってしまいがちなことが一つあります。それは、「恥ずかしい」「嫌われたらどうしよう」「怖い」「すでにその相手には彼氏彼女がいるからどうせ相手にされない」といった理由で、その気持ちを隠して平静を保とうとすることが多いことです。これでは、他のことにも手が付かなくなり生活に支障をきたす恐れがあります。

そんな時は、周囲の人たちが、それとなく二人っきりの環境にさせる、もし一目惚れした人がお友達であれば、ある程度の情報を教えてあげるといった恋のキューピットの役割を果たしてあげましょう。「草食化男子」の時代といわれていますが、一目惚れはいつの時代もある上、その恋を実現させるために相応の努力もするきっかけになる場合もあります。だから、積極的に胸をときめかせてみましょう。たとえ、その恋が成就しなくても大きな成長ができるはずです。