一目惚れから告白するときの注意点

トップページ > 一目惚れした相手に告白したいアナタへ > 一目惚れから告白するときの注意点

一目惚れからの告白は相手を知るところから始まる

一目惚れをしても、すぐ自分の想いをアプローチしても失敗に終わることは火を見るよりも明らかです。

それを防止するためにも、まず一目惚れした相手を知るところから始める必要があります。しかし、住所、電話番号、信仰している宗教といった深い情報までは要求しません。氏名、年齢、職業など告白するのに必要になってくる情報で十分です。

また、自分の情報を教えておき、「誰?」とならないようにしましょう。なお、その際も、やはり氏名、年齢、職業、趣味など当たり障りない程度の情報に留めておき、あまり過剰なアピールは控えておくことが重要です。それをしてもかえって引かれる恐れがあるからです。ただし、相手が好きそうなものに関しては、逆に強調した方が大きく関心を引く可能性もあるので効果的です。

身だしなみもよくしておこう

情報収集や提供に加えて忘れてはならないのが身だしなみです。特に男性が女性に告白する時はこれは欠かせません。

たとえ、どんなにイケメンであっても、肩にフケがある、寝癖がある、髭を剃っていないといった見た目では、告白をされても「不潔でがっかり」となりやすいです。当然、それでは告白を受け入れてもらえる可能性は低いでしょう。

逆に、特段普通の印象を持つルックスであっても、それらがしっかりしていて愛想がよければ相手にもその真っすぐに向き合おうとする想いは伝わりやすいです。もちろん、告白を必ずしも受け入れてもらえるかまでは断言できません。しかし、仮にダメだったとしても今後何か良いことが期待できそうな手ごたえは得られる可能性はあります。