一目惚れした相手をよく知るために

トップページ > 一目惚れした相手に告白したいアナタへ > 一目惚れした相手をよく知るために

自分の立場を確認することが一目惚れした相手との歩み寄りの第一歩

一目惚れが起きると、無意識にその人のことを想い考えがちになります。しかし、それだけではずっと遠くから見ているだけの存在で終わります。せっかくの転機が訪れている以上、その想いを成就させたいと思う人も多いはずです。

そのためには、その時の状況を確認することが大切です。

例えば、あなたがふと立ち寄った喫茶店で働いている店員に一目惚れした場合と、たまたま乗り合わせた電車で出会った場合などでは、まったく状況が異なるためアプローチも変わってきます。前者の場合だと、降りかけの時に思い切って声掛けして連絡先を書いたメモでもさりげなく渡す、後者であれば、メニューに対する質問攻め、決まった日時に来店して常連として認識をしてもらうことから始めてみるといった感じです。どちらも環境だけでなく、そのアプローチをする機会も異なるため、いかに行動を起こすかがポイントになります。

もちろん、アプローチ前の態度も大事です。誠実さを出すことはもちろんのこと、清潔さ、素直さも求められます。特に女性は男性以上に身なりを気にします。こういった積み重ねが、一目惚れした相手に対する警戒心を薄れさせ親近感を高める第一歩となります。

そして、「相手を知るために相手に会話の主導権を与える」ということも忘れないようにしましょう。一方的に話しては会話が成り立たないし、相手も唖然とします。「あくまで自分は相手の引き立て役」というくらいの気持ちで臨みましょう。こういった地道な取り組みが告白に至る過程には欠かせません。