一目惚れした相手にパートナーがいる場合

トップページ > 一目惚れした相手に告白したいアナタへ > 一目惚れした相手にパートナーがいる場合

パートナーの存在は真っ先に確認しなければならない事項である

仕事、食事、睡眠、勉強など普段の行動を思わず忘れてしまうほど強い影響力を与える一つに一目惚れは挙げられます。その熱い想いを果たすためにも、その相手の情報収集、自分の情報提供、告白のタイミング、自分の想いの確認など多くのことを事前に整理しておく必要があるでしょう。しかし、他にも注意しないといけない点があります。

それは、「相手がすでにパートナー(結婚相手)がすでにいるか」ということです。

そもそも、その状態では告白したところで断られるのは確実だし、下手をするとパートナーの耳に入って怒りを買ってしまい訴訟も視野に入れられるなどの事態になる恐れもあります。ある意味、アプローチ前に真っ先に確認しないといけない問題でしょう。

そのため、次のことはよく観察しておきましょう。

・結婚指輪
これをはめていれば、相手が即座に既婚者かどうか一番見分けがつきやすいものです。しかし、最近ではあえて外している既婚者もいるので注意しましょう。

・彼氏、彼女の有無
仮に既婚者でなくても彼氏、彼女はいてもおかしくはありません。交際相手がいるのに、一目惚れをしたからといって告白をしては、両者の関係を崩す恐れがあります。そのため、迷惑をかけてまで貫ける想いが本当にあるのかどうかをよく考える必要があります。

これらのことは、一目惚れの相手が普段から接している人ならまだしも、通勤途中で会う程度の関係であれば見極めるのは容易なことではありません。しかし、避けては通れない道である以上は素直に向き合うことが求められます。