一目惚れから結婚したカップルは永遠に結ばれる

トップページ > 一目惚れから結婚したカップルは永遠に結ばれる

一目惚れから始まる恋は永遠の愛に変わることが多い

一目惚れといえば、人生においてそう多くは発生しない、しかし、ひとたび発生すれば他のことに対する関心を失い、それのことばかりを考えがちになる魔法のような存在です。お金、名誉、社会的地位、人種、性別などをかなぐり捨て、その想いだけで生きていこうという気持ちになることも珍しくありません。だから、多くのフィクションでも取り上げられるほど、一目惚れした本人、そしてその相手も「ピュア」と評されるほどの純粋な想いが飛び交います。

そして、それは、仮に告白して失敗に終わればとてつもなく切ない気持ちになるし、逆に成功したら何事にも代えがたい大切な宝となります。人生においてこれ以上ない幸せでしょう。

一目惚れの試練として挙げられるもの

しかし、一目惚れをした際に次のような試練もあったりします。

・恋のライバルの登場
そもそも一目惚れをした相手は、その多くが自分以外からも好かれている可能性が高い場合があります。その要因としては、文武両道であること、両親が社会的地位が高いこと、見た目のレベルが高いこと(男性ならイケメン、女性なら可愛いなど)、本人の将来が安泰だと確信できることなどです。うかうか一目惚れだけして、遠目から見ているだけでは他のライバルが出現した時に対応が遅れて結局淡い想いで終わってしまうことも考えられます。また、そんなスペックの人が自分が一目惚れをしたところで迷惑なだけではないかというマイナス思考に陥りやすいことがあります。ドラマなどで描かれてることが多い要素でもありますが、現実でも起こり得ることといえるため、「事実は小説よりも奇なり」という展開にも発展する場合も十分に想定できます。

・ちょっとしたすれ違い
また、恋のライバルをはねのけて告白をして、無事に成功して交際が始まったとしても、全ての部分が合うとは限りません。「デートの時は折半じゃなくて全額出して欲しい」「身体の関係になるのはもう少しお互いのことを知ってからにしてほしい」といった要望を出した結果、大きなすれ違いのきっかけになったりします。一目惚れをしてまで選んだ相手だからこそ、改善して欲しい一面に対しても素直に指摘をしがちですが、それがかえって急に気持ちが冷める導火線となることも珍しくないということです。

・一目惚れした相手が他の人に恋をする可能性がある
また、他にも考えられる試練としては、「一目惚れした相手が自分よりも好きな人ができた」という場合です。どれだけ、自分の想いが本物で真っすぐにぶつけていてもそれがプレッシャーとなって、思わず他の相手に関心を示す場合があります。最悪、「他に好きな人ができた」といって関係に終焉を打たれてしまうこともあります。その時のショックは、今後の生き方にも影響を与えるほどの強いものになることが多いです。

自分の気持ちにとことん向き合い結婚への行動を起こしてみよう

しかし、こういった試練が起きる原因について、視点を広げてかつ冷静に考え直してみると、ある意味必要なことでもあると思うことがあります。何故なら、「一連の試練を通して自分の一目惚れに対する想いが本物か偽物かどうかをはっきりと確かめられるきっかけ」となるからです。

そもそも、かっこいい、可愛いからキープしておこうという程度の惚れっぷりなら、その後の展開は目に見えて分かります。それよりも、一世一代の恋を実らせてお互いの人生をより良くしていこうという気持ちになれば、ライバルがいても怖くないし、ちょっとしたすれ違いがあっても素直に向き合うことで元の鞘に収まることにも繋がります。他に好きな人ができたとしてもそれを忘れるくらいの人が近くにいたんだという実感も起きるでしょう。

そして、最終的にそれらを潜り抜けて改めてお互いの存在が大切であると気がつき、「結婚」というゴールインに辿り着くことができます。結婚に辿り着くためにも、相手の心を掴むための行動を起こしていきましょう。