一目惚れからの結婚が離婚しない理由

トップページ > 一目惚れから結婚したカップルは永遠に結ばれる  > 一目惚れからの結婚が離婚しない理由

一目惚れから始まる恋は良好な男女、夫婦関係を築きやすい

一目惚れで起きた恋、それはかけがえのない存在となり得る人を見つけたまたとないチャンスですが、これで見事にゴールインした男女はとても良好な関係を築けていることが多いです。それは、カップルから夫婦と呼ばれる戸籍上でも認められた関係になってもいえることです。

それは、「離婚率の低さ」にも表れています。この数値、男性は2割程度、女性は1割程度といわれており倍近いといわれる通常の離婚率とは恐ろしいくらいに乖離しています。「人の歴史は愛の歴史でもある」といわれているのもなんだか納得がいく話でしょう。

一目惚れした男女が良好な関係を築けている理由

ところで、この数値が出る理由ですが、「苦労して手に入れた人を手放したくない」ということはまず挙げられます。

そもそも、一目惚れから始まる関係は大変な苦労がつきものです。面識の有無に関係なく告白は相当な想いを持って臨まないといけない、仮にお付き合いから結婚までの道のりができても、愛を育みながら、貯金、両親や親せきへの挨拶回りをしないといけません、そして、結婚後も子供の教育と独立、マイホーム、仕事などの夢を実現させるためにカップルの時以上の苦労が求められます。だからこそ、そう簡単に一目惚れした人を手放すわけがないということです。

ただし、男性の場合、結婚である程度の気の緩みもあって結婚後に浮気をする可能性があるため女性よりも離婚率が高いとされています。その点には注意が必要です。