一目惚れした相手との恋が実らないケース

トップページ > 一目惚れした恋はうまくいくの? > 一目惚れした相手との恋が実らないケース

一目惚れが実らないケースについて考えよう

文字通り一目見て惚れてしまう一目惚れですが、全ての方が相手と気持ちが一致して成功するわけではありません。中には遠くから一方的に見つめているだけの方もいますので、そのような状況を長く続けていても、相手と知り合うことすらできてない状況になります。その一方で、早い方はすぐに気持ちを伝えて友達関係から築いて距離を縮めるような人もいます。その方の性格が形に出やすいのが一目惚れなど恋愛時ですが、特に一目惚れで実らないケースについて紹介します。

まず主体面で急に恋人になろうとするような告白をしてしまう場合です。相手を好きな気持ちを伝えることは大事ですが、相手と面識がある場合でも躊躇されるかもしれませんが、初対面での告白で恋人に立候補するのはハードルが高すぎます。場合によっては相手に交際相手がいる場合や結婚している場合もあります。少しずつ距離を縮める作戦として、携帯電話で連絡が取れる関係から始めるなど、すこしずつ仲良くなるのが一目惚れを実らせるコツです。

また仮に相手の連絡先を入手した場合でも、すぐに恋人気取りで相手からの連絡を催促するようなことをしますと、すぐに嫌われてしまい、せっかく仲良くなるチャンスを手に入れたにも関わらず、無駄にすることになります。一目惚れをして舞い上がっている気持ちも大事ですが、冷静に行動することも求められますので覚えておきましょう。 夢中になって一人で盛り上がりやすい一目惚れは、相手に気持ちを伝えるタイミングも重要ですので、十分注意してトライするのがおすすめです。